新大阪シール印刷 タイトル

シールのことならなんでもご相談ください。

まずはお電話ください!
☎06-6304-6365 受付時間:AM9:00~PM5:00
●メールでのお問い合わせはこちら
新大阪シール印刷 ホーム 新大阪シール印刷 製品案内 新大阪シール印刷 シールトピックス 新大阪シール印刷 会社概要 新大阪シール印刷 注意事項 新大阪シール印刷 よくある質問 新大阪シール印刷 お問い合わせ



シールは『原紙』『のり』『台紙」『表面加工』で構成されています。
それぞれたくさんの種類があり、『用途』『シールを貼る材質』『粘着力』によって使い分けます。

シール本体の材質です。大きく分けて紙素材とフィルム素材に分類されます。
◎紙素材(低コスト。フィルム素材の原紙にくらべ耐久、耐水性が低い。)
アートコート
ミラコート
上質
クラフト
訂正
ホイル紙 
やや光沢のある白。最もスタンダードな素材です。
光沢のある白。鮮やかな発色になります。
低コストですが、ザラっとした仕上がりになります。コピー用紙と同じ材質です。
ザラっとした茶色。茶封筒の素材に似ています。
パンフレット等の訂正用です。のりが灰色の為、紙色は白ですが若干しずみます。
上質紙の上にアルミ箔を張り合わせた材質です。金・銀・艶・艶なし・赤金・青金等があります。
◎フィルム素材(紙素材と比べて高コスト。耐久、耐水性が高い。)
ユポ
塩化ピニル
透明フィルム
テトロン(PET)
ポリプロピレン(PP)を主原料とした、環境に優しいエコな素材です。
紫外線に強く、野外での使用に向いています。
ポリエステル(PET)素材の透明フィルムです。
透明のPETフィルムに薄いアルミ箔を蒸着させた材質。(金・銀・白)(艶・艶なし)ヘアーライン(金・銀)
普通粘着
強粘着
冷凍冷蔵粘着
再剥離粘着
スタンダードな粘着のり
普通粘着よりも強いのり。粘着性の良くないモノに貼る場合に使用します。
冷蔵庫や冷凍庫の保存に耐えられるのり。
綺麗に剥がすことを目的としたのり残りの少ないのり。
黄色
青色
厚手の台紙。一枚カット仕上げやシールをお売りになる場合に使用します。
薄手の台紙。自動貼り機や、ロール巻き等、剥がしやすさを重視する場合に使用します。
表面を保護したり、光沢を持たせたりする為に表面加工を施します。
グロスPP
マットPP
PET加工
ニス引き

光沢のあるポリプロピレン製のラミネート。
表面が艶消しのラミネート。落ち着いた色合いになります。
ポリエステル製のラミネート。紫外線に強い。
表面にニスを引くことで膜を作る。環境に優しい加工です。

 

印刷前の準備工程を『プリプレス』といいます。
シールの内容・用途に合わせて、印刷方式を使い分けます。
シール印刷では表面加工等の仕上げ処理を印刷機で行います。


パソコンで作成されたデータをトンボ処理・面付けし、製版の準備を整えます。

刷版の作成。凸版印刷で使用する版は主に樹脂製です。これを使い、インクをシールに移します。版は1色につき、1版必要です。


紙素材には油性インキを、フィルム素材にはUVインキを使い、色はCMYK・特色(金赤・箔・グレー等)を使用します

シールを切り抜く金属の抜き型。
1mm単位でサイズ指定が可能です。星型・ハート型等の変形型も作成可能です。

紙素材とフィルム素材に分類されます。そのなかから用途に合った適切なものを選びます。
                
       
シールの内容、用途に合わせて『オフセット印刷』や、
シール印刷によく用いられる『凸版印刷』等、印刷方式を使い分けます。
シール印刷では表面加工等の仕上げ処理を印刷機で行います。

凸版上になっている平らな版に圧力をかけて印刷する平圧式、シリンダーに版を巻き付けて印刷する円圧式があります。
低コスト
紫外線に強いインクが使用可能です。
小さい文字・細い線・細かい表現が苦手。
写真・グラデーションの再現性に乏しい。

水と油の反発作用を利用して印刷を行います。版に付いたインキをゴムブランケット等に転写した後、素材に印刷します。
小さい文字・細い線・細かい表現が可能。
写真・グラデの再現性が優れている。
凸版印刷にくらべ、高コスト。
紫外線に弱い。
                
                
                




新大阪シール印刷株式会社
〒532-0011大阪市淀川区西中島4丁目6番17号 tel:06-6304-6365 fax:06-6309-5435
ホーム製品案内シールトピックス会社概要注意事項良くある質問お問い合わせ

Copyright © 2011 s-seal.co.jp All Rights Reserved.